当院について

院長のご挨拶

院長のご挨拶

intyo

家族のように寄り添えるスタッフ

だからこそ、できることがあります。

あなたらしいお産と育児をサポートします。

少子高齢化が進み、女性が一生に産む子どもの数はほんの数人。出産は女性にとって、ますます貴重で特別なイベントになっています。

当院の産科では、すべての女性が自分らしいお産を選択できるように、フリースタイル分娩を取り入れ、カンガルーケア、母児同室、母乳育児などを推奨しています。本来、妊婦さんは産む力を、赤ちゃんは産まれる力を備えていますから、なるべく自然なお産が望ましいと考えています。

妊婦さんと赤ちゃんにとって、本当にいいものは何かを一緒に考え、リラックスしてお産にのぞめる環境を整えるのが私たちの使命です。

また、県内外で周産期医療に携わった経験を生かし、専門的な医療を提供するとともに、母児の安全を最優先し、近隣の高次医療施設との連携も図っております。

出産はゴールではなく、育児のスタートです。核家族化が進む現代、お産の後の子育ても支援していきたいという思いから、妊娠中の母親学級や生後1年までの育児学級も開催しています。

出産、育児に対する不安や心配、そして疑問点があれば、一人で抱え込まずに、どうぞお気軽にご来院・ご相談ください。家族のように寄り添えるスタッフが、いつでもお待ちしています。

intyo

女性のライフサイクルに合わせた医療を提供します。

女性の体はとてもデリケート。年齢やライフサイクルに伴い、刻々と変化します。

当院では、思春期から老年期にいたるまで、個々の変化に合わせて、女性の健康をサポートできる診療体制を整えています。

婦人科は、スタンダードな治療を確実かつ丁寧に、タイムリーに提供することが大切です。
近年では、婦人科一般における診療だけでなく、更年期の漢方療法やホルモン補充療法、更にはその他の補完医療の需要も高まっております。

地域に暮らす女性の皆様がいつでも安心して通える「かかりつけ医」となれるよう、スタッフ一同、日々努力、研鑽してまいります。

理事長・院長 柿木 博成

診療方針

産科部門

  • 自然分娩が最大の基本です。 出産は自然の生理現象ですから病気ではありません。
  • 母体の健康管理が第一です。 母子共に異常なく出産できる様に支援します。
  • 医療費問題は人命の次の問題です。 あくまでも人命第一の医療機関ですので誠意ある御相談には応じます。 又、社会資源の活用等について御案内しますので、お気軽に御相談下さい。
  • 入退院時、笑顔で出入りできる病院を目指しています。

手術部門

  • 手術は疼痛対策と併せて事故防止を大前提に取り扱っています。
  • 手術時間及び安全対策についても患者様に納得していただける様、充分な説明を心掛けています。
  • 女性の手術は美容面も念頭に執刀致します。
  • 手術は「失敗」は許されない仕事です。 その点が当院のモットーとしている所であります。
  • 手術前に、御本人は勿論、御家族の皆様に、手術についての充分な説明を行い、御了承頂いてから実施します。

沿革

昭和37年 鹿児島県鹿屋市西原1丁目「柿木産婦人科」 開設
昭和48年 鹿児島市加治屋町14番3号 移転開設
昭和56年 鹿児島市加治屋町15番3号へ移転
鹿児島の産婦人科 柿木病院 〒892-0846 鹿児島県鹿児島市加治屋町15-3 電話/099-224-3939
アクセス/高見馬場電停、徒歩2分 駐車場/当院敷地内

Copyright © 2011-2016 KAKINOKI HOSPITAL All Rights Reserved.

ページトップへ戻る