ブログ

我が家の薬箱

2016年5月3日

みなさま こんにちは。柿木病院ホームページにお越し下さりありがとうございます。

助産師の有馬です。

ゴールデンウィークを楽しんでいらっしゃいますか?

晴れたり雨が降ったり、寒暖の差が大きい季節ですね。

医療職について早25年が経ちますが、その前半を振り返ると自分の体調管理については痛ければ鎮痛剤、胃痛には制酸剤などなど西洋医学の恩恵に与ることがほとんどでした。

ところが、初めての妊娠・出産・育児から『我が子のために、より自然なものを』が最優先となり、アロマテラピー ベビーマッサージ ホメオパシー フラワーエッセンス ハーブ カラーセラピー ヨガなどを手あたり次第学び始めました。それらのものを日常に頻繁に取り入れるようになり、「身体の声に耳を傾ける」ことを大切にするようになりました。そんななか自然療法を一緒に学んだ仲間たちからの情報で出会えたメーカーがあります。いまでは我が家の薬箱にはそちらから取り寄せたものがほとんどで、予防と最初のケアとして愛用しています。

ただし、始めだけ、です。どんなに自然療法が良いと分かっていても、産まれてから様々なお薬を使ったこの体がそれだけで治る、ということばかりではありません。予防として使い、不調を感じてからしばらく試してもダメだな、という時には躊躇することなく西洋医学に助けてもらいます。

そんな試行錯誤の中から我が家の薬箱の常連になった助っ人たち。

その中でも「レスキュークリーム」は特に万能です。(写真;最前列右から2番目)

火傷や虫刺され、切り傷はもちろんのこと、思春期の娘のニキビにも対応してくれます。

傷の治りを助けるカレンデュラとカモミールが入っています。

一番歴史が長いのはハーブティーの「ライフサポートブレンド」

ほかにも写真にあるような様々なものがありますが、柿木病院の仲間からも

「ここのハーブティーのおかげで今年は風邪をひかなかった!」と絶賛していただけたものもあります。(風邪対策ブレンド・咳のど対策ブレンド)

1つ1つに思い入れや思い出がありますので、またどこかでご紹介できることを願って♪有馬さん

 

 

 

ドイツ マリエン薬局

鹿児島の産婦人科 柿木病院 〒892-0846 鹿児島県鹿児島市加治屋町15-3 電話/099-224-3939
アクセス/高見馬場電停、徒歩2分 駐車場/当院敷地内

Copyright © 2011-2016 KAKINOKI HOSPITAL All Rights Reserved.

ページトップへ戻る