ブログ

いのちの授業

2019年11月6日

去年から市内の小学校で「いのちの授業」という性教育に携わらせて頂いています。

小学5・6年生にむけて、二次性徴や生命誕生、妊婦体験などを通して、いのちの大切さなどを伝える活動です。

実際に授業を行うまでに、先輩方が行う性教育の授業を見学させて頂き、自分なりにまとめて子どもたちに解りやすいようにパワーポイントを使用して伝えています。

どういう風にしたら子どもたちが理解しやすいかな?と、わが子に予行練習で授業して意見を貰ったりもします。

実際に子どもたちの前に立つと緊張もしますが、もっと伝えたい!もっと興味を持ってほしい!という気持ちになります。

授業の後に、アンケートも行うのですが、かわいい感想から、するどい突っ込みまで、子どもならではの視点からたくさんの反応をもらえるので、とてもやりがいがあります。

授業が終わると赤ちゃん人形を抱っこしにくる子や、私も去年妹が産まれました!と話をしに来てくれる子などたくさんいます。

いのちの大切さ、自分を大切にすることなど、短い時間ではありますが、少しでも子ども達の考えるきっかけになるといいなと思います。

これからも少しずつでも活動を続けていきたいと思います。

 

助産師S

 

鹿児島の産婦人科 柿木病院 〒892-0846 鹿児島県鹿児島市加治屋町15-3 電話/099-224-3939
アクセス/高見馬場電停、徒歩2分 駐車場/当院敷地内

Copyright © 2011-2016 KAKINOKI HOSPITAL All Rights Reserved.

ページトップへ戻る