ブログ

赤ちゃんのスキンケア「泡で洗い、しっかり保湿」が基本!

2018年7月18日

生れたばかりの赤ちゃんの肌は柔らかくてプルプル~です。

でも、日にちが経つと赤ちゃんの皮膚にトラブルが…おきてしまいます。

乳児湿疹・オムツかぶれ・脂漏性湿疹・カサカサの乾燥肌…

これからますます暑くなるので、汗疹(あせも)も気になりますね。

どうしたら良いのでしょうか?

 

意外と多い赤ちゃんの肌トラブル。

デリケートな肌を守ってあげるにはどうしたらよいのか、悩むママも多いですよね。

入院中や退院後の1週間健診、1か月健診でも、よく質問されます。

 

そこで柿木病院の助産師5名、「赤ちゃんのスキンケア」の勉強会に行ってきました。

 

まずは、赤ちゃんの皮膚の特徴「構造と皮膚バリア機能」を勉強しました。

①新生児の皮膚の厚さは、成人の皮膚の厚さの約2分の1。角層は水分を保持し、外部刺激から保護するバリアとして働きますが、皮膚が薄いということは角層も薄く、バリア機能が弱い。保持できる水分量も少ないため、私たちが思っているよりも乾燥しやすい状態。

➁新生児期は皮脂分泌が多く、汗もかきやすいため汚れやすいという特徴を持つ。

 

ということで、正常な皮膚を保つためには、清潔です、清潔が一番!

オムツの中の汚れや汗やほこり、お湯で洗うだけでは皮膚表面の汚れや細菌が十分に落ちません。そこで、手指を使って石鹸をよく泡だて、泡で優しく汚れを浮かせながら素手で洗うことです。

顔など全体に泡をつけ、手指でくるくると優しくなでて洗う。

泡、泡が大事!

 

次に、洗った後はよくすすぎ、石鹸をよく洗い流すことです。

石鹸が目、鼻、口、耳に入らぬように頭を起こしながらシャワーなどで素早くすすぐことです。シャワーは弱めの水圧にします。

そのあとは、タオルでこすらないようにして、包み込むように押し拭きします。

 

そして、5分以内に保湿です。

皮膚が乾燥しない5分以内くらいを目安に保湿剤を塗ります。

 

清潔な手に保湿剤を取り、塗布部位に点在させてから、手のひらを使ってやさしく丁寧に塗ります。

すりこんでしまうと、肝心な場所に保湿剤がつかないため、たっぷりと皮膚にのせるように塗布します。

 

保湿剤は何が良いのでしょう?

軟膏、クリーム、ローション、スプレーなど色々な種類があります。

皮膚の状態に合わせて、保湿剤の種類や剤形を選択することが大事です。

皮膚をよく観察し、赤ちゃんに合ったやり方をみつけましょう。

 

「泡でやさしく洗って、すぐ保湿する」のが基本!

研修会に参加した助産師達、みな納得しました~。

 

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚を守るために、スキンケアを丁寧にしてみませんか。

柿木ベビー達にも是非、お勧めしたいです。

赤ちゃんの肌トラブルに悩んでいるママがいらっしゃいましたら、一緒にスキンケア考えていきましょう。

また、柿木病院では赤ちゃんとの触れ合い「ベビーマッサージ」を育児学級1回目に開催しています。

ホホバオイルを使った助産師による「ベビーマッサージ」、わいわいと楽しいですよ。

アドバンス助産師がお待ちしています。

 

助産師 H

鹿児島の産婦人科 柿木病院 〒892-0846 鹿児島県鹿児島市加治屋町15-3 電話/099-224-3939
アクセス/高見馬場電停、徒歩2分 駐車場/当院敷地内

Copyright © 2011-2016 KAKINOKI HOSPITAL All Rights Reserved.

ページトップへ戻る