ブログ

季節の変わり目に

2021年10月20日

とある金曜日、週末、頑張ろう!

と起きて、朝食を作ろうと腕まくりをしたら肘に大きな赤いポツポツが3つ。布団に大嫌いな虫でもいたかなぁと、必死にお掃除。家にあった軟膏を塗って仕事へ。

 

翌朝、腕いっぱいに赤い丘疹が。。。

何、何、なにーーーー???

 

急いで皮膚科へ。待っている間も痒みや痛みが増してくる気がする。先生、早く診てほしい、

、1時間半後、やっと呼ばれました。

 

ドクターは、腕をみて「チャドクガの幼虫。やられたねー、帯状疱疹に似てるけど、違うんだよなぁ。毛虫に直接触れていないのに、彼らが飛ばした0.1ミリくらいの見えない毒針毛が風に乗って皮膚に付き、炎症を起こすんだよ。側を歩いたり走ったりしてもね、校庭のランニングで飛ばされた生徒なども受診するよ。掻くと針がポキポキ折れて広がる。ツバキ、サザンカね、年2回。春と秋。注意してね〜」

 

そうでしたか。。チャドクガ、恐るべし。どこで飛ばされたか全く思いあたらず。

痒みと皮膚の炎症に内服薬と軟膏を処方され、毎晩ひと口だけ楽しみにしているビールもお薬の副作用が強く出るかも、と我慢すること1週間。やっと治ってきました。

 

何もなくても、秋は長い夏の疲れが出たり、空気が乾燥して喉や鼻の調子が悪くなったり、肌が荒れたりと、季節の変わり目で自律神経が乱れ体調を崩しがち。(早くも実感していますが)

悲しみや憂いもいつもより感じやすくなるそうです。

 

そろそろ気分転換に、心地よい風が吹く霧島に行きたいな、と楽しみにしていた矢先にストップがかかってしまいました^_^。

皆さんも注意してくださいね、

 

 

薬局 I

鹿児島の産婦人科 柿木病院 〒892-0846 鹿児島県鹿児島市加治屋町15-3 電話/099-224-3939
アクセス/高見馬場電停、徒歩2分 駐車場/当院敷地内

Copyright © 2011-2016 KAKINOKI HOSPITAL All Rights Reserved.

ページトップへ戻る